経理事務・記帳代行は京都のセカンドオフィスへお任せください

second office セカンドオフィス

TEL.075-821-0919

スマホ用TOP画像

経理わり

ストライプ

Second Office’s Blog

  • 桃の節句 

    Sunday

    3月3日ひな祭りです。中国から伝わったという「桃」魔除け説。
    娘の厄を人形に引受けて貰って成長を願う女の子の節句です。
    桃と梅の区別、難しくないですか。桜と違って、梅・桃は
    枝から花芽が直接出ます。花芽一つが梅、二つが桃。
    この微妙な違い。桃の方がまとまっていて華やかな感じ・・かな。
    花びらもまん丸でかわいいし、女の子っぽい。
    京都御苑には「梅林」「桃林」両方あるのでお散歩コース一押しです。
    時期が良ければ「糸桜」も見れちゃうかも。女子はよくばり。

  • 節分 京都四方参り

    Sunday

    節分には四方参りを行うという京都の風習があります。
    御所の鬼門 四方を守る社寺をお参りし、
    邪気を祓い福を招く 所謂「鬼は外・福は内」。
    吉田神社・八坂神社・壬生寺・北野天満宮の順で
    邪鬼が逃げて最後に北野天満宮に封じ込められるというお話から
    その順番でお参りするのも面白そう。
    裏鬼門の壬生寺で壬生狂言も観てみたい!でも寒い!!
    どうぞインフルエンザなど、お気をつけて楽しんでくださいね。

  • ふわり2019

    Sunday

    1月6日は部分日食&(もちろん)新月そして小寒。
    宇宙の大きな動きに感動し、新月でリセット感を噛み締め
    舵を大きく切って進みたいと新年に思うのですが
    寒の入りでまだまだ寒くなっちゃうのね、と少し弱気も
    顔をのぞかせる新春です。
    今年もどうぞよろしくおねがいします。

  • クリスマスホーリー 

    Sunday

    赤い小さな実を付けたヒイラギが可愛らしい季節です。
    西洋ヒイラギであるクリスマスホーリーの花言葉は
    「将来の見通し」「不滅の輝き」などがあるそうです。

    セカンドオフィスは“ハンドメイドな対面販売”の様な事務所スタイルで
    お客様が将来の輝きを見つけていただける小さな入り口の
    一つとしてチカッと輝けていけたらなぁと思います。
    I wish you a merry Christmas!



  • 八兵衛明神 柳小路

    Saturday

    四条河原町交差点から北西へ少し入った界隈にある赴きある路地。
    幅2mもない石畳が導いてくれる柳小路に「八兵衛明神」が。
    小さな路地にひっそりと姿を見せる小さくて可愛い鳥居ですが
    信楽焼きの狸たちが八相縁起で大抵の願いを叶えてくれちゃいます。
    ご利益濃度がすごいんです。私も“幸福満々”とリクエスト。
    伏見稲荷の狐さんは人気爆発中だけど、狸くんもネ。

  • 京都手帳 2019

    Saturday

    そろそろ来年の手帳の準備をしなくては
    ということで、「京都手帳」ってご存知ですか?
    光村推古書院さんから毎年販売されているB6版の手帳です。
    社寺情報、お祭りデータ、人気スイーツなど京都に関する
    あらゆる情報がギュギュッと詰まったスケジュール帳です。
    ネットや本屋さんで買えますが、京都でしか買えない限定の
    表紙もあって、お土産としても密かに人気みたいですよ。
    気軽なご朱印帳、スタンプ帳として使っても楽しいかも・・

  • 月を愛でる

    Saturday

    今年の十五夜は9月24日。満月一歩手前での中秋の名月です。
    大風21号の被害により観月の行事も変更・中止がある様子。
    被害に遭われた方々の一日も早い復興を祈るばかりです。
    秋の空は移ろいやすく、雨月・無月になるかもしれませんが
    千年の都 京都で月を愛で、季節の移ろいを感じましょう。


  • 百鬼夜行

    Saturday

    深夜、鬼や妖怪の群れが徘徊をするという日本の説話。
    京都も妖怪に因んだ場所がこっそりと人気を呼んでいます。
    北野天満宮の南、一条通にある 妖怪ストリートも面白い。
    今日11日夕方から嵐電妖怪電車が走ります。
    暗い車内に妖怪さんが乗って来るので仲良くしましょう。
    嵐電 といっても嵐の5人は乗ってきませんよ~。
    (相葉ちゃん推し・・)

  • 京扇子

    Sunday

    京扇子は京都の扇子全般を称している訳ではありません。
    趣のある扇子屋さんの店先に「京扇子」の看板を掲げておられるお店は
    様々な要件を満たした伝統工芸品としての京扇子を販売されています。
    一見、敷居が高そうにも見えてしまいますが中ははんなりした空気で
    のんびりと扇子を眺めて過ごせます。
    京都の伝統工芸品を日常使いでこの夏涼しい風に吹かれてみませんか。

  • 夏越の祓 

    Sunday

    6月30日の楽しみは「水無月」
    三角形のういろうの上に小豆を散らした和菓子です。
    夏の酷暑を乗り切り、無病息災を祈願します。
    大阪北部の地震で被害に遭われた方々の
    一日も早い復興を願いつつ。